ベア、動物たちが出来るまで ~クラフトマンシップ/素材について~

クラフトマンシップ

シュタイフ社は、動物が本来持っている「自然な可愛らしさ」を大切にしています。
制作のはじまりは、スケッチ(デッサン)。動物の姿、しぐさ、動きを何枚もスケッチします。
そのスケッチから、製品のコンセプト、細部にわたるデザイン、サイズなどが納得のいくまで話し合われます。

そして、立体的なぬいぐるみの元になるパターンをおこし、厳選された素材の中から、製品として表現するためにぴったりの素材を選び出します。

 

シュタイフ社の製品は、モヘア、アルパカなどの高品質な自然素材や、安全性・耐久性に優れた新素材を使用します。
選ばれた素材は毛並みに忠実に、パターンに合わせて裁断され、職人たちの手によって縫製されます。
縫い上げられたぬいぐるみには、綿や木毛、ポリエステルといった、製品に適した中身が詰められ、丁寧に形づくられていきます。

 

シュタイフの仲間たちは、職人たちの手仕事によって1体1体創り出されるため、同じ品番の製品でも多少表情がことなり、2つとしてまったく同じ顔立ちはありません。
シュタイフ社のどの製品も歴史と愛情が詰まっているうえに、大変丈夫で、細部にいたるまで目が行き届いています。

だからこそ、シュタイフ社製品は「一生の友だち」となり、親から子へ、その子からまた子へと代々受け継ぐことが出来るのです。

 

素材について

  • アルパカ

    アルパカの羊毛は、保温性に優れた,稀少価値の高い天然の繊維です。その中でも高品質で耐久性のあるアルパカを、シュタイフ社は使用しています。シュタイフ社のアルパカ製テディベアと動物たちは、手触りが滑らかで、たいへん丈夫です。

     
  • モヘア

    スベスベとした滑らかな手触り、美しい光沢、優しい柔軟性。モヘアは、アンゴラヤギの白くて長い毛から作られる天然の繊維です。シュタイフ社では、最高品質のモヘアをテディベア、動物たちに使用しています。また美しさだけでなく、安全で耐久性にも優れています。

     
  • 肌触りの良い ファー

    思わず抱きしめたくなる、優しい触り心地。とても柔らかく、肌触りの良いファーは、良質なアクリルの毛と綿を織って作られています。 洗うことが出来、いつまでもきれいに保つことが出来ます。